ガンシップ AC-130U & AC-130W  対地専用攻撃機


※動画は配信元の都合により削除・変更される場合があります。

ガンシップ AC-130 機関砲・榴弾砲 発射

AC-130は、ロッキードC-130 ハーキュリーズ輸送機に重火器を搭載できるように改造した対地専用攻撃機である。ガンシップ・プロジェクトIIに基づいてロッキードC-130 ハーキュリーズに武装を施した機体である。
初期型のAC-130AはAC-119同様M134 7.62mmミニガン4挺とM61 20mmバルカン4門を装備していたが、9K32(SA-7 グレイル)やFIM-92 スティンガーなどの携帯式地対空ミサイルの発達と普及に伴い、長射程大火力のボフォース L60 40mm機関砲やM102 105mm榴弾砲が追加され、AC-47やAC-119とは桁違いの重武装と大火力を有するようになった。 武装は機体左側面に装備され、目標を中心に左旋回しながら攻撃する。これは、左側に座る機長が目標を視認しやすいためである。元となった機体が輸送機なので大量の弾薬を搭載でき、長時間に渡っての射撃が可能になっている。

※動画は配信元の都合により削除・変更される場合があります。